乗り換えって今からでも間に合う?

CFRE株式会社へ乗り換える方法や注意点

不動産会社によって、取り扱っている物件情報にあまり差はありませんが、仲介手数料や無料付帯で利用できるサービスなどは異なります。その為、携帯電話会社を乗り換えるように、より有利な条件のCFRE株式会社に切り替えられる方も多いです。

CFREへ乗り換える方法や乗り換える時の注意点は、アンケートの記入後や物件を見学した後など、状況に応じて異なります。

 

下記では、CFREへ乗り換える方法や注意点を状況別に解説しています。ご自身の今の状況の部分をご覧いただく事で、CFREへ乗り換えて目的の物件を購入する時のリスクを回避する事ができるはずです。

 

売買契約の締結前であれば仲介手数料の安いCFRE株式会社へ乗り換えられる。

CFREへ乗り換える場合は、物件の売買契約を締結する前に行わなければなりません。乗り換えるタイミングによっては不動産会社から嫌がらせを受け、物件を契約できなくなってしまうケースもあります。

せっかく良い物件を見つけたのに、購入できなかったら勿体無いですよね。その為CFREへ乗り換える時は、乗り換え方や注意点を理解する事が大切です。

CFREへ乗り換える方法や注意点は、以下5つのシチュエーションによって異なります。

 

不動産会社に訪問し、アンケート用紙記入後
内見を予約した後
内見した後
住宅ローン事前審査申込をした後
購入申込書を記入した後

 

※判例について