「内見予約した後」のCFREへの乗り換え

「内見予約した後」のCFREへの乗り換え

物件の見学を予約した場合でも、見学を断ってCFRE株式会社に乗り換えられますが、断りの連絡はできるだけ早めに入れましょう。

なぜなら、お客様が物件の見学を希望された場合、鍵の手配や売主様との日程調整など、少なからず営業担当者が既に動いている状況だからです。

 

また売主が居住している中古物件の見学を予約している場合は、前日や当日のキャンセルは禁物。売主からの印象が悪くなってしまい、今後2度とその物件を購入出来なくなるかもしれません。

 

今お付き合いしているその不動産会社で、物件を購入する意思が無いのであれば、できるだけ早いタイミングで断りましょう。