申込書を記入した後のCFREへの乗り換え

「購入申込書を記入した後」のCFREへの乗り換え

物件の購入申込書を記入した後でもCFRE株式会社へ乗り換えられます。しかし状況によっては、売主から損害賠償を請求される場合もある点に注意が必要です。

民法によると、物品の売買契約は売主と買主の双方が合意するだけで成立するとされています。しかし不動産の売買契約は、他の売買契約とは違って口約束では取引が成立せず、買主が支払った手付金を売主が受け取らないと成立しません。

不動産は価格が高額で、売買契約時には売買金額や引き渡しの時期、保証の内容、引渡し状況など多くの事項を決める必要のある商品だからです。

つまり、購入申込書を記入して購入する意思表示をしたとしても、手付金を売主が受け取っていなければ法的拘束力は無い為、CFRE株式会社へ切り替えても法律的に問題はありません。