・LINEで、スピーディなやりとりが可能

LINEが日常のコミュニケーションツールとしての役割のみならず、非対面でエンドユーザーとつながる手段として利用ニーズが高まっています。

スピーディーな!k1
LINEやりとり